肝斑に効く内服薬と化粧品

  • 肝斑に効く内服薬と化粧品 はコメントを受け付けていません。

この記事は1分で読めます

がんらい色白で、そばかすの際立つ皮膚を通じていました。

UV戦術もそれぞれほどにしていましたが、そばかすはひどくなるばっかり。

20代当初はでもメイクでごまかしてどんなにしのいでいました。

但し25年代で妊娠して右側のほほに大きなシミができました。

妊娠まん中はUV対策をするぐらいしかなかったのですが、産後養育も落ち着いた内、スーパーのコスメカウンターで右側のほほのシミについてお願いをしました。

なので、駄目の左側ほほにものほほんと大きなシミがある仕事場、妊娠を機にできたことから肝斑ではないかと命令をされました。

肝斑の場合コスメティックスでは直しがたく、市販の内服薬のほうが効き目があると聞いたのでぱっぱとドラックストアをめぐって、トランシーノを購入して内服を始めました。

あまりにも大きなシミだっので美表皮科でレーザーでのシミ受け取りを検討していましたが、肝斑は逆にレーザーで濃くなり悪化することがあるって美隊員君に聞いたので、トランシーノの内服というUV戦術、保湿を通じて肝斑のケアを行いました。

ぼくが肝斑戦術に飲んだのは第一三共ヘルスケアのトランシーノでした。こういうトランシーノは第一類医薬品につき買い取りの際にはドラッグストアの薬剤師君から概要を受けました。

朝晩の日帰り二回服用し、八週(二か月)飲んではじめか月休薬やるという日付でケアを行いました。

内服をようやくから二週ほどで皮膚全体の透明感がまして、右側の大きなシミがのほほんとしてきたのを感じました。女性もシミが少なくなったことに気付き1いなせ仕上げる内にはかなりインパクトを実感しました。

はじめか月の休薬期間の後に、もう一度おんなじ日付でトランシーノによるケアをしましたが、とある一定の薄さまで来ると大きな変化はなく、完全に消えることはありませんでした。

事後、続けて飲み込むことを断ち切ると近々シミが元通りの大きいさ、濃さに戻ってしまい、ケアをやめてから年間たちますが、完全に元通りになってしまいました。

肝斑はホルモンによる影響を受けると聞きました。今後も月経ペースなどホルモンの脱皮にて濃くなったり少なくなったりを増やすのかなと思っています。

⇒肝斑に効く化粧品はここ!

  • 2017 10.25
  • 肝斑に効く内服薬と化粧品 はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。